NO IMAGE

ポルシェ、UPラボとオーダーメード型スタートアップ構築計画発表

  • 8月 10, 2022
  • 8月 30, 2022
  • その他
  • 6view
Why Porsche is turning to startup builder UP.Labs to solve its biggest  problems | TechCrunch

ポルシェがUPラボ(UP.Labs)と協力して革新的なスタートアップの育成に向けたベンチャーネットワークを拡大すると明らかにしました。ポルシェは2023年から2025年までモビリティ分野の多様な新規ビジネスモデルを担当する6つのスタートアップ構築を目標に、米国のUPラボと3年間の協力を締結しました。 新規スタートアップはポルシェコアビジネスと密接に関係した予測保守、透明なサプライチェーン、デジタルリテールなどの分野を含みます。 ポルシェは千万ドル以上の規模を投資し、スタートアップらの一部所有権を3年間維持した後買収まで可能になります。 今年設立される初の二つのスタートアップ開発はすでに進行中です。

ポルシェ理事会副会長と財務/IT担当取締役・ルーツメッシュケは”外部成長動力を通じて、既存にポルシェが保有している広範囲なスタートアップの生態系を強化する計画”として、”ポルシェはUPラボを通じて世界的な人材たちと彼らのノウハウに接することができて、現在、自動車産業の大変革の段階でポルシェの立場をさらに強化させていくことが究極的な目標”と強調しました。彼はまた、”革新の新たな源泉を得るために努力することが何より重要だ”と付け加えました。 ポルシェは2016年から新たなビジネスモデルや新技術を保有した約40個のスタートアップを発掘して戦略的に持分を取得してきています。

今回の協業はポルシェコアビジネスに合わせたスタートアップ開発という点で差別化され、今後はスタートアップを組織に統合させることができる機会を持ちます。 ルーツ・メッシュケは”会社の成功に向けた自由なスタートアップ開発の利点とポルシェの職員たちの直接的な参加及びポルシェブランドとの密接な関連性を結合した概念”と強調しました。 ロサンゼルスを基盤とするUPラボは、新たな形のベンチャープラットフォームを設計しました。

共同創立者兼CEOゾーンクルトゥ(John Kuolt)は”今回の協業は企業の規模と財源によって、スタートアップの敏捷性と革新を捕捉するための新しいモデルとインセンティブ構造が革新的な”と説明しました。 新規スタートアップは企業パートナーと協力を通じて多くの成功的なベンチャーを共同開発した履歴を持った検証された企業家、製品の責任者及び技術者たちで構成されます。 6月7日(現地時間)、公式発足以降、UPラボチームは最初の統合パートナーとしてポルシェとの協力を推進する予定です。 最近発表されたUP.パートナーズ生態系にはUPラボが発売を開始した会社に投資される2億5千万ドル規模ベンチョキャピタルファンドI(Venture Capital Fund I)が含まれます。

ルーツ・メッシュケは”持続可能なモビリティの先駆者の一つであるポルシェは決断力と推進力を通じて新たなソリューションを積極的に探していく”、”UPラボのアプローチは新しいビジネスモデルを向けたポルシェの能力と外部市場経済間の結合”と伝えました。

以上、明石市のポルシェ専門店、WONDER four AUTOMOTIVEでした。


>WONDER four AUTOMOTIVEについて

WONDER four AUTOMOTIVEについて

WONDER four AUTOMOTIVEでは輸入車・国産スポーツカーの整備やカスタムに幅広く対応しております。 また、ポルシェを中心に中古車の在庫を取り揃えております。 お客様の要望をできる限り叶えたい。そんな思いで運営しておりますので、お車の事ならなんなりとご相談下さい。 チューニング経験豊富なメカニックも在籍しておりますので、カスタムご希望の方も安心してご連絡頂けますと幸いです。

電話問い合わせはこちら:078-948-3560

CTR IMG